自作イラスト絵カードTIPS

みんなの日本語1テキストみんなの日本語2テキスト

自作のイラスト絵カードに挑戦する先生方への(乏しいながらも)Tipsです。当たり前のことも書いてありますが、私の経験がお役に立つなら幸いです。

collectionsテキストイラストの活用

「みんなの日本語」にあるイラストを色々使いまわすことができます。テキストでは小さなイラストですが、拡大してカラー化すれば見栄えの良いものに変身します。

練習Bのこのイラストを、違う課の文型に流用できる…というものが沢山あります。
しかし、レッスン中に「では前の**ページに戻って…」とやる訳にはいきませんから、ここでイラストを絵カード教材にしておく意味があります。

では、どんな使い方が出来るか、どうやってカラー化するのか、私の方法を紹介します。残念ながらcopyrightでテキストのイラストがそのまま使えません。ということで...下記に似たイラストをあげてあります。イメージしてください。思い当たるものがあると思います。

練習Bの応用1
練習Bの応用2
練習Bの応用3
練習Bの応用4
練習Bの応用5
練習Bの応用6
練習Bの応用7

最後の図は、動詞語彙が表現できるイラスト、形容詞語彙が表現できるイラストです。こういうイラストが練習Bに散在していて、ユニバーサルに使えます。色々な文型で部品として使い回しが無限に広がります。

collectionsテキストイラストのカラー化

「みんなの日本語」テキストにあるイラストをカラー化します。線画をカラー化できると、インターネットで入手したイラストと合成することができるようになり、絵カード教材のバリエーションが格段に増やせます。

スキャンもしくはインターネットから元絵を準備します。ほどほどのサイズで取り込めばOKです。 「みんなの日本語」テキストのスキャンの設定は150~300DPI程度で十分でしょう。余り細密に取り込むと、無駄にファイル容量が大きくなり過ぎるだけです。JPEG形式もしくはGIF形式で保存し、小さいイラストなら100KB以下、B5版全体800KB程度になります。 描画ソフト(Windowsならpaintとか)を準備します。線を書くこと、塗りつぶし機能、消しゴム機能があれば何でも可です。

線画のカラー化1
  • 例として、この線画をカラー化します。不要な部分のトリミング、消しゴム機能で消しておきます。
  • 先ず、色をつけたい部分が、閉空間になっているか見ます。イラストでは所々で線が途切れています。これでは、塗りつぶしできません。
線画のカラー化2
  • 塗りつぶしできるように、「線を書く」機能で閉空間にします。
  • 判りやすいように、赤線で書いてあります。この線は、実際には殆ど見えませんから曲がっていようが気にしません。
  • しっかり線と線が繋がって閉空間ができているかが大切です。
線画のカラー化3
  • 色をつけたい部分を順に塗りつぶしていきます。
  • ツールバーの「色の採取」スポイトが使えると、繰り返し同じ色を使う場合に作業効率が上がります。
線画のカラー化4
  • 主要な部分を「塗りつぶし」して完成です。最初の白黒線画と比べると、楽しくなりませんか?


部品としてのイラストを沢山持っていれば、「こういう絵教材を作りたい」と思った時に簡単にできるようになります。あとは、エクセルシートに「図の挿入」でシートに貼り付けて使える絵カードを作っていきます。イメージがつかめない方はメールをいただければ、実際のカラー化画像をお見せできます。

collectionsフリーイラストを集める

先生方、皆さんもイラストはインターネットで入手していますよね。無料でかつ著作権の制限が緩いフリーイラストを効率よく見つけましょう。

私の場合はGoogleの画像検索を多用しています。
他のポータルサイトでも画像検索がありますが、経験上Googleが一番探しやすいし、良いイラストが見つかります。余り子供っぽくない、ビジネスマンの大人でも見るに耐えるイラストを中心に探します。
検索のコツは、入手したいイラストの検索キーワードを入れ、ブランクを開けて「イラスト」と入れれば絞り込まれて表示されます。


私がブックマークしているイラスト、写真のサイトを紹介します。フリーのサイトは個人使用では概ねOKですが、建前上各サイトの使用条件を確認の上、活用してください。サイト名をクリックすると別画面で開きます。

collectionsフリーイラストで簡単絵カード

簡単に入手できるフリーイラストで即、絵カードができます。イラストをダウンロードして並べるだけです。

フリーイラストで作る絵カード1
  • 日本の食べ物や有名な観光スポット、日本や世界の地図など
フリーイラストで作る絵カード2
  • オリンピック、ワールカップなどのイベントロゴやアート、歴史的建物など
フリーイラストで作る絵カード3
  • 世界的な誰でも知っていそうな企業ロゴ

collectionsエクセルで絵カード作成

画像ソフトはPhotoshopをはじめ敷居の高いものが多く、なかなか取っ付きにくいものです。エクセルで手っ取り早く絵カードを作る方法を紹介します。機能は限定されますが、絵カードでは十分使い物になります。

使う機能は「図形の挿入」「トリミング」「背景の透明化」「図形の重ね合わせ」だけです。セルなんか関係ありません。 wordでもpowerpointでも同様な使い方が出来ます。

ネット上のイラストのファイル形式はJPEG,GIF,TIFF,PNG等々さまざまですが、気にしません。先ず準備として、エクセルシートの用紙設定で印刷したい用紙サイズを指定し、余白を調整しておきます。

エクセルで絵カード1
  • 簡単なイラストカードの例として、左のふたつのファイルをパソコンに取り込んだとします。
  • 例として「会社」、「会社員」の語彙カードを作ります。みんなの日本語1課の語彙です。
  • エクセルの「挿入」タブ「図」をクリックして、取り込んだイラストのあるホルダーを表示させファイル を選び挿入します。
エクセルで絵カード2
  • エクセルシートに挿入されたイラストをクリックすると左図のように枠が表示されます。枠の四隅を操作することにより、イラストの拡大縮小が、中央上の緑の○により回転ができます。縦横を別々に調整することも可能です。
  • トリミングを使って、余白や不要な部分を削除することもできます。トリミングは図を選択して、ギリギリまで枠のサイズを調整します。
エクセルで絵カード3
  • しかし、ふたつのイラストを重ね合わせようとすると、このようになり上手くいきません。
  • ここで、更に「背景の透明化」と「重なり」の設定が必要になります。挿入されたイラストをクリックすると、書式タブが表示されます。
    ツールバーの「色の変更」→「透明色を指定」をクリックして、イラストの透明化したい背景部分をクリックします。
    これで背景が透明化できました。
エクセルで絵カード4
  • イラストを選択して右クリックすると、メニューが出ます。 「前面」か「背面」をサブメニューで選択し、イラストを見ながら確認します。
  • 必要に応じてエクセルのテキストボックスで「COMPANY]とか「かいしゃ」とかを追加します。これで一つのイラストがほぼ完成です。

collectionsイラストソフトの紹介

私が今回使ったイラスト作成ソフトを紹介します。イラストソフトというと素人にはなかなか使えるものが少ないのです。これは、マイナーなソフトですが、なんとか私でも使えました。 (といっても四苦八苦、試行錯誤の連続ですが...)

イラストソフト

ソフト会社の回し者ではないので決して勧めるものではないのですが、自分で挑戦したい方には良いのかも知れません。何しろ、他のソフトが難しすぎ...です。価格は5,000円前後で、Windows専用アプリです。(Windows7以降の対応不詳)

イラストソフトのキャラクター

テイストが3種類から選択できます。こんな感じです。イラストが豊富にあります。例えば「食べ物」「乗り物」「家庭、オフィス用品」「電子機器」などなど、インターネットで探す手間が省けます。

売りのひとつのポーズをつけるのはコツと慣れが必要です。(他のソフトよりは簡単ですが)それと、登場人物は基本的にデフォルトで男女各1名です。追加設定できますが...面倒くさい。今回のオリジナル絵カードの70%くらいは、このソフトで作ってあります。下の図は操作画面です。

イラストソフトの操作画面