タブレットを使った日本語レッスン

私が使っている「みんなの日本語」オリジナルのイラスト絵カードを公開

みんなの日本語
All-in-One (有償版)
オリジナルのイラスト絵カード・ハンドアウト

みんなの日本語 第2版に対応
カラーイラストで年代を選ばない品質感
全課、全文型に対応
iPad, Androidタブレットにそのままコピー

使いやすい構成 All-in-One有償版

みんなの日本語1テキストみんなの日本語2テキスト

実際にレッスンで使いながら自分用に作ったものが蓄積されたものです。All-in-Oneと称していますが、全文型の文法ハンドアウトから練習絵カードまで、これだけで「みんなの日本語」を教えていました。

各課の文型毎に多くのイラスト絵カードがあります。レッスンの最中に、教材をモタモタ探し出している姿は実に間が悪いですね。このため視覚的にすぐ取り出せるように、課毎のインデックスページから必要な絵カードのサムネイル画像を選んで、タップするだけで表示できます。

またレッスンで使う予定の教材は準備しておくとして、時々「XX課に戻って復習しましょう」という場合が必要な時もあります。この場合にも、自在にXX課のイラスト絵カードを取り出すことができます。

イラスト絵カードのインデックスページ
  • 図はタブレットに表示された「みんなの日本語1」25課のインデックスページの例です。

    すべてのイラスト絵カード、ハンドアウトはサムネイル化してあるので、一目で内容が把握できます。
  • 1.イエロー枠のサムネイル

    必要に応じてプリントアウトしておきます。

    文型ページは、プライベートレッスンではハンドアウトでも良いですが、グループではもっぱら板書のときのメモに使っています。

    随時、補足の文法解説も作ってあります。テキストでは不足の時が多く、案外必須です。

    ペアワークのタスクもイエロー枠に入っています。切り取って使います。(私は余り使いません)
  • 2.レッド枠のサムネイル

    オリジナル絵カードの本体です。

    1枚のものは、複数タスクができます。印刷時の用紙設定はA4です。

    複数枚はテンポよく文型練習をするものです。「全4」とは4枚組みの意味です。印刷設定はA5です。

下図はiPadのGoodReaderの例です。
暫くいじっていると操作の勘所が直感的にわかるので、誰でも使えるようになります。

iPad画面1

インデックスページの開きたいイラスト絵カードをタップします。

一つでも、一度に複数の絵カードでもタブ形式で開けておくことができます。

iPad画面2

イラスト絵カードが表示された状態です。画面をスワイプすると順次ページ送りができます。

さらに画面の中央辺りをタップすると、タブメニューや編集メニューが表示されます。

iPadでの絵カード表示

複数の絵カードの場合はタブを選択して切り替えます。またインデックスページにすぐ戻ることもできます。

何はともあれ、いろいろ触って操作に慣れましょう。